自主防災訓練の実施について

自主防災訓練の実施について
自主防災訓練 の実施について
自主防災訓練 の実施について

令和元年11月24日(日)当自治会の自主防災訓練を実施します。
台風15号、19号による被災で防災意識が高まる中、一人でも多くの方のご参加をお願い申し上げます。

訓練概要

防災倉庫付近工事中のためファミリーマート天沼町店跡地で実施
(雨天の場合は天沼観音堂で実施)
自治会役員は08:30集合、自主防災会役員と一般会員参加者は09:30受付集合
①避難訓練(本部前集合、本部設置、受付訓練)
②消防署員指導による通報訓練・消火器、発電機取扱訓練
③防災井戸より取水・ガスコンロ設置・非常食(アルファ米、赤飯)炊出し・無線機取扱い・車椅子取扱い・発電機取扱い(携帯用充電器設置)・浄水器取扱いを同時並行実施
12:00~非常食試食会後、
 アンケート記載いただいた自主防災会役員と一般会員は順次解散
 自治会役員は避難行動要支援者情報の活用訓練と非常持ち出し品の情報共有
13:00 自治会役員解散予定

訓練後記

訓練後記
訓練後記

会員の皆様には日頃から自主防災活動へのご理解とご協力を戴きありがとうございます。
当自主防災会では、下記の日程で防災訓練を実施いたしました。
[期  日]:令和元年11月24日(日)
[時  間]:午前09時00分~午前13時00分
[場  所]:開催時雨天の為、天沼観音堂内
[訓練内容]:(現地集合を以て)避難訓練、通報訓練、水消火器訓練、車椅子取扱い・発電機による給電取扱い(携帯用充電器設置)説明
ご参加いただきました33名の皆様に感謝申し上げます。
8:00時点で雨天の為、防災訓練会場は天沼観音堂内にしました。
観音堂で自主防災訓練を開催するのは今回が初となります。
会長、総務部長、自主防災部長による挨拶の後、会場設営を開始。先ず、アルファ米炊出しと参加者に分配するための作業台を2台準備しました。1台は足を伸縮できるタイプで作業に合わせて調節できます。
上座側は手動浄水器展示や、発電機による給電・携帯や充電器への充電・ペーパーアンテナによるテレビ視聴・扇風機やライトの稼働確認を行うスペースにしました。

発電機は屋外で稼働させ、参加者各自が持ち寄ったスマートホンや携帯電話、充電器に充電を開始。発電機1台でたこ足配線ですが充電・扇風機・照明稼働の確認ができました。
ペーパーアンテナは予想していたより小さかったですが、テレビも視聴できました。当然ですがペーパーアンテナを発信局に向けることで画像が円滑になります。

10:00前に天沼町を担当なさっている、さいたま市消防局氷川参道出張所の方々が到着。当日は、さいたま市消防局管内で複数の通報訓練が行われており10:07から、さいたま市消防局コールセンターとの連携による通報訓練を行いました。
引き続いて水消火器による消火訓練、発電・給電・充電機器の紹介、車椅子取扱い説明、炊出し訓練を平行して行うため、段取りとクループ分けについて会長、自主防災部長から説明して実施しました。
消火訓練は観音堂室内から境内の火元に見立てたカラーコーンに向けて行いました。
発電・給電・充電機器の紹介では、 総務部長が 給電方法の一つとして、車から給電するカーインバーターについて実演説明しました。
手動式の浄水器や単三乾電池を単一に使用できるアダプターの中には、自主防災部長お手製のアダプターもありました。
観音堂縁側では車椅子の組み立てや牽引部品の取扱い説明を行いました。
アルファ米炊出し作業も平行実施し、アルファ米炊出しの作り方説明書に従って「むらし」た後、 出来上がったアルファ米を参加者に分配するため仕分けて分配しました。

参加人数33名+さいたま市消防局の皆様と資材で手狭になった観音堂内ですが、円滑に訓練を進められました。
納涼の夕べで、焼きそばの焼き手を熱中症から守った業務用扇風機を回した文化部Tさんの充電器も展示されました。ありがとうございます。
防災訓練も終盤。気付けば外は雨も上がり、アルファ米の分配に奮闘する女性陣からは「手でやった方が早いわよ!」などの会話が飛び出しましたが、逆に会場内を和ませました。
文化部Tさんによるお手製のトイレと凝固剤の説明では、凝固剤のメインになるアクリル系ポリマーのみの市販物は少なくコストも高くつくとのこと。
排泄物の凝固にはケイ酸塩鉱物・高分子吸収剤(ポリマー)・消臭成分・除菌成分の混合物が理想的。コスパが良いのはペットショップで10㎏400円弱で売られている「猫砂」だそうです。

通報訓練

通報訓練動画
通報訓練動画

訓練、訓練、訓練(左は訓練時のみですが、これを入れないと消防や救急が本当に出動してしまった事もあったそうです)。
火災(消火)要請か救急隊要請か、発生場所、初期消火の有無と概況、けが人や発生場所内に人が居そうか、当該者の氏名や相当年齢が判っていれば併せて報告します。
携帯電話やスマホ(通報時点で位置情報通知設定ONにされている前提です)からはGPS、固定電話ではキャリア(電話会社)の位置情報により、通報先の指令センターで連絡元の住所は特定されています。
通報の際、通報された発生場所と通報位置情報が大きく異なる場合には理由を確認されると思います。
出動要請通報が終了した時点で、消防隊は既に出動している筈です。

水消火器訓練

水消火器訓練動画
水消火器訓練動画

・気が動転している筈なので単独では作業しないように心がけます。
・「火事だ!誰か来てくれ!」と回りに火事を知らせる。
・来てくれた人や回りにいる人の名前が判れば名指しで、名前が判らなくても、着ている服装と色などを呼称明示して近くにいる人を具体化(例「そこの黒いジャンバーの人」等)して、119番通報や消火器準備など作業分担を要請して早期対処を図ります。
・消火器が手元に届いたら、複数名で初期消火作業に入ります。
・消火器ボックスから取り出し、レバーが上部に来るよう通常に立て、レバー上部の黄色い安全ピンを上へ引き抜いて外し、ホース先端のノズルを持って、消火器本体から放す要領でホースストッパーから外します。(緊急時は気が動転しています。ホースを握って上に引き上げようとしてはいけません。)
・消火の際は、火や煙に邪魔されないために極力風上の位置から行いましょう。
・ホース先端を下記の【消火先】に向け、レバーを握って消火剤を発射します。
・当自治会で配置している消火器の噴射時間は約14秒です。
消火先】
・消火器から噴射される消火剤は、基本的に火に向けて消火します。
・しかし、台所コンロ上のフライパンの油が引火した場合は、消火剤の勢いが強くフライパンがひっくり返って引火した油が広がったり、油を被って火傷する危険があるため、フライパンをひっくり返さないように背後の壁か、上部にあるレンジフードなどをめがけて消火剤が炎の上にかかるようにします。
消火器の操作や構造、寿命などについてはコチラのサイトが具体的に掲載しています。
・炎の勢いが人の背丈以上になった場合は初期消火は困難とされています。
・何よりも人命が第一です。消火活動も消火者の退路が確保されていることが大前提です。消火活動中に煙や炎などで退路が塞がれる可能性が少しでもあれば、避難することを優先し、119番通報して消防隊の到着を待ってください。